ハンドメイドアクセサリーを作るときに使う工具の選び方

ポリマークレイ

上から
平やっとこ
ニッパー
平やっとこ
丸やっとこ。

動画内「ペンチ」と記載してますが私が使っているもの(写真に写っているもの)は「やっとこ」だそうです(汗)

ハンドメイドアクセサリーを作るときに、金具をつなげる作業があります。

この作業にはこんな工具を使います。

工具
工具

平やっとこ。つまむためのものです。

2本ありますね。2本も要るの?

2本要ります

これはビーズに9ピンを通して、ゆがみを正そうとしている場面ですが、こういうときに両側をつまむのは、両方平やっとこでなければうまくつまめません。

私は先が細めのものと、太めのものを使っています。

細かい作業は細い方が使いやすいですが、太めのものでしっかりとつかみたいときもあります。

同じものを2本を購入するのではなくて、ちょっと違ったものにすると便利ですよ。

丸やっとこは、このように金具の先端を丸めるときに使います。

平やっとこで代用できないの?と思いたいところですが、平やっとこではこのようなきれいな丸を作ることが難しいです。

アクセサリー金具

アクセサリー金具

ニッパー

金具を切るときに使います。

平やっとこ、丸やっとこは長い間同じものを買い替えずに使っていますが、ニッパーは買い替え頻度が高いです。

使っているうちに刃が欠けてきて、小さな作業がしづらくなってくるのです。

アクセサリー工具

私の個人的な感想ですが、ニッパーはそれなりに良いものを使った方がストレスがないと思います。

工具

グリップの間をご覧いただくと、4本とも板バネやぐるぐる輪のバネがついていて、手を離した状態で開くようになっています。

このような仕組みになっているものが多いと思いますが、たまに、このバネが無いものがあります。

このバネが無いと、地味に使いづらいです。
(「開く」動作が必要になる)

たぶん、私が知らない他の理由があって「バネがない」製品があるのだとは思いますが(汗)

これから工具を揃える方は参考にしてみてくださいね。

コメントを残す